友達が遊びに来てくれました

切迫早産で絶対安静中のため、主人の実家でお世話になっています。
義両親が、「お友達を呼んでもいいからね」と何度も言ってくれたので、友達に遊びに来てもらいました。
なんだか東京フレンズみたいですよね。

子どももいるのですが、毎日退屈そうにしていてかわいそうだと思っていました。
何度も遊びに来てくれている子なので、子どもも友達になついているため、子どもも楽しもにしていました。

来てくれて、最初は固まっていましたが、段々と慣れて来て、いろいろ遊んでもらっていました。
お絵描き、絵本、アンパンマンのおもちゃなど、次から次へと引っ張り出して来ては遊んでもらっていて、楽しそうでした。
知らないうちに、友達の膝へスッと座っていたのが笑えました。

なついていっぱい話してくれて嬉しかったと友達も言ってくれて、よかったです。

お義母さんが買って来てくれたケーキをみんなでいただきながら、いろいろ話も出来て楽しかったです。
子どもも楽しかったようで、テンションが高く、お昼寝もせず遊んでいました。
また遊びに来て欲しいです。

モバイルをカッコよく使う

東京フレンズみたいにスマホやモバイルをカッコよく使いたいですよね。

私が日常でインターネットに接続する平均時間はパソコン・携帯合わせて1日に4~5時間程で、主に懸賞サイト・携帯小説サイトへの接続やその日の献立のためのレシピ検索に費やしています。
懸賞サイトはスマホだと入力がしづらいので、ノートパソコンから入力するのがポイントです。
私は、カフェから懸賞サイトに入力するために、ポケットWiFiを契約してしまいました。

懸賞サイトのために、やりすぎでは?と思いますか?
でも、ポケットWiFiの月額費用以上に懸賞サイトではいい物がもらえるんですよ。
それに、ポケットWiFiの月額費用もそこまで高くはないんです。
ポケットWifiの費用を比較しているサイトを見れば分かる通り、3000円もしないんですよ。

他の家族ではオークションサイト・ネットスーパーでの買い物や投稿動画サイトで面白い動画を検索したり金融関係の情報をやり取りしたりと趣味・ストレス解消・主婦の味方などインターネット接続は様々な利点があります。

特に日常でもっとも使用するのはレシピ検索で、その日急遽手に入った・賞味期限が近い・余ってしまったなどの食材を使うには限られた情報しか乗っていない従来のレピシ本や雑誌では、どうしても思ったような調理は出来ませんので、とても重宝しています。

ここ数年でのアプリの充実さもあり最近、携帯ゲームにもはまり始めました。
従来からある1人で出来る単純なものから、インターネットの本領ともいえる第3者とのやり取りをしながらの協力プレイなど選択はとても幅広く自分の求めているものがすぐ見つけられるのは素晴しいかぎりです。

そしてもっとも助かるのが大抵の場合、月額の通信料を払えばいくらでも欲しい情報を入手できる点にあります。
しかも自分に合ったプランで設定できる事もあり通信費だけで何万円とかかる事もありません。
こういって使い勝手のよさもあり、これからも更にインターネットの世界は必要不可欠になっていくのでしょう。

愛する1人の時間

私は1人でいるのが大好きです。
子供を産むまでは1人で映画(もちろん東京フレンズも!)、夜ご飯を食べに行くなど1人でいろんな事をしていました。
家でも1人っきりの静かな時間が大好きで、うるさいのはあまり好きではありません。
本を読んだりネットをしたり、DVDを借りてきたりと1人でやる事は本当にたくさんあります。
子供を産んで、1番恋しかったのはお酒でもなんでもなく、1人の時間がもてないことです。常に子供の相手をしてやり、ご飯を食べさせてやったりと世話が必要だし、子供が話すようになるとずっと話していてうるさいのです。
そんな毎日でとてもストレスフルでしたが、主人の休日に預けて1人でランチをするようになってからは、その日が1週間のうちの私の休日になりました。
1人でゆっくり買い物をしたり、熱いものを熱いうちに食べられるなんてとても幸せです。
ゆっくり気兼ねせず買い物ができるのって幸せです。
子育ては子育ての楽しさがありますが、早く独立してもらい1人の生活をしたいなぁと今から憧れています。
あっ、主人はどうしましょう。